コメントする

ケーブルの被覆を剥がし原因究明

お疲れさまです!

天井クレーン修理点検の中野です。

先日から何回か横行が止まらず暴走すると言う問い合わせで修理に行かせていただいていました。

原因は多分押ボタンケーブルではないかとお客様に提案し、見積を出させていただき今回、コードを取り替える事になりました。

30t/10t、スパン30mぐらいのクラブ式天井クレーン、おまけに運転室が付いているため運転室で操作する場合は電動のケーブルリールで押しボタンを巻き取る方式になっています。

ケーブル取替作業は半日で終了。作業をしている間に取り外したケーブルの被覆を剥がし怪しいところを調べたところ、

何と!

見つかりました! それも押ボタン付近。

コードリール側から被覆を剥がしていったため最後で発見。

何と白のコモン線と緑の横行(西)の線の被覆が剥がれていました。近くにはグルグル巻いたテープが付いていたので

以前線の被覆が破れたとき、テーピングしてたと思われ、押ボタンのコードを動かしているうちにテープが外れてしまって横行が暴走したと思われます。

とにかく、何かの拍子でケーブルの被覆が破れたのであれば、そのときに面倒でもコードを短くしてもう一度押ボタンに繋ぎ直すべきでしたね。

人の仕事は良く分かりますが、その時の状態によっては同じ事をしていたかもしれません。

とにかく、原因が分かって良かったです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中