コメントする

クレーン機上灯取付金具が腐食

画像

おつかれさまです!

 

天井クレーン修理点検の中野です。

先日月例点検したクレーンの機上灯の取付金具がかなり腐食してます。

海の近くという事もあり、橋型クレーンと言う事もありますが、何らかの対策を取らないとかなり危険です。

クレーンの点検時は巻上機や配線などは点検されますが、照明や警報など動きに支障がない物はかなりおろそかになってしまってますね。

ちなみに写真に写っている照明器具は日立のMVR-42です。

一応バネが付いていて耐震構造になっているのですが以外と使いにくいですね。

電線の先が何も処理をしないで納品されるんですよ。

例えばコンセントが付いている器具、取り替えようとして新しい器具を購入すると、何も付いていないのには驚かされますね。

よく考えてみると当然と言えば当然なんですが・・・

おまけに標準だとコードが短く、いつも線を足して使ってます。

ただ、大倉仕様と言って手配するとコードが1mぐらい長くなってきます。

もし、新規でMVR-42を手配されるときは大倉仕様と言えば大丈夫そうですよ〜〜!

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中